屋根の家:住宅設計図をデザインしよう!



屋根の家

建築家の手塚貴晴さんと手塚由比さんの建てた家に屋根の家というものがあります。

この住宅は、普段は雨や風をよける為だけだと思われがちな屋根を、屋根の機能以外にも使っている非常に面白い住宅です。 屋上とは違い、それは明らかに見たからに「屋根」と呼ばれるものなのです。だというのに、使い方に屋根以上のものが生まれています。

屋根の勾配を緩やかにし、その屋根の上に屋外のダイニングテーブルや水をまけるような水栓を設けています。 勾配が緩やかですので子供たちが走り回っても大丈夫です。 屋根の上全ての生活をするわけではありませんが、敷地の狭い日本の住宅事情をうまく利用したとも言えるでしょう。

敷地を最大限利用し、建物の機能をも最大限利用しています。屋根のをこのように利用しようと言う考えはなかなか生まれません。 屋根の機能への可能性が広がったということは、建物の可能性で屋根以外の場所にももっと可能性があるのではないかと 思考の広がりをも与えるようになりました。

このように可能性が広がった例を見てみると、広がりを見せた部分には非常に遊び心が含まれています。 より、住宅を楽しんでいる状況がうかがえますので、そのような家にするためにも建築家は可能性の拡大を求めて、 遊び心を日々模索していると言えます。

カテゴリー:色々な家

持ち家計画

>>持ち家計画


屋根の家:関連記事

最小限住宅
生活には必要不可欠な要素がいくつかあります。もちろんそこに個人の差はありますが、それらは本当に必要...

ホテルのような家
住宅雑誌やショールーム、モデルハウスなど行くと、シンプルでセンスの良いインテリアにベッドメイキング...

白い家
最近の住宅や家具を見ていると白を基調としたデザインが非常に多くなってきたように見えます。「白」はお...

シュバルの理想郷
セルフビルドやDIYなどの言葉が知れ渡るように、自分で家を建てるということが注目されている一面があ...

想像の家
どんな家に住みたいかと考えて、出てくるのはどのような家でしょうか?それはドラマや映画で見たセットで...

ときわ荘
ときわ荘とは東京都豊島区にあった木造アパートです。当時漫画雑誌を出版していた学童社が自社の連載をも...

人形の家
女の子でしたら誰でも小さいときには、お人形さん遊びをしたのではないでしょうか?お人形に服を着せ、部...

動く家
住宅は動かないものです。これは誰が言わずとも誰もが認識していることで、住宅を不動産というのは、この...

家を建てたり、購入を検討する際には、色々な知識が必要です。

不動産屋・ハウスメーカーによる建売り住宅を選ぶのか?分譲マンションを選ぶのか?それとも夢のマイホームとして、一から建築家に頼んでオーダーハウスを建てるのか?色々な検討が必要です。

また、家を建築する際にも、どのような間取りにするのかといった事や、高齢者にも優しいバリアフリーを目指すのかなど、色々設計者と協議する事もあるかと思います。

そんな方々に対して、住宅設計図をデザインする際の、建築の基礎知識や建築にかかるお金や色々な住居の形態などを解説します。