間取りパズル:住宅設計図をデザインしよう!



間取りパズル

部屋の大きさを表す記号として日本では「畳」という単位が親しまれています。 これは畳何枚分の部屋かという単位で、「6畳」でしたら畳6枚分ということですね。

では、畳い1枚の大きさをご存知でしょうか?

幅は910mm、長さは1820mmという大きさで、これは人間一人が横になれるという大きさが基準になっています。 実は日本の住宅はこのサイズが基本となって作られています。

長さは幅をちょうど2倍にした数字ですので、910×910mmの四角形が2枚ある大きさということになりますね。 日本人にとって一番親しみやすい大きさでもありますので、この大きさを2倍、3倍としたり、1/2倍などして 住宅の多くはこの畳の四角形を基準とした大きさの組み合わせで部屋の大きさが決められています。

部屋の大きさだけでなく、廊下の幅や押入れの奥行きなどもこの大きさが基準です。 この大きさは木材の規格寸法とも一致しており、この大きさで作っていると規格品が使えるので 値段も安く、手間も省けるので工期も短くて済むのです。

「敷地に対してどのような家が入るか」という概要をつかむ為には、折り紙を敷地の縮尺に合った大きさで切り出して 並べてみると良いでしょう。 実際にこの行為は「間」を取るということで「間取り」の行為の原型なのです。 しかし、狭小な敷地や、設計者によっては、間取りパズルの概念を使わない設計をする方もいますので、 1つの基準として知っておくと良いでしょう。

カテゴリー:住宅設計図面とは

持ち家計画

>>持ち家計画


間取りパズル:関連記事

見えない部分の設備設計
住宅には、ただ壁や床や天井を付けて部屋を作るだけでは成り立ちません。 そこには、キッチンやトイレや...

模型で見る
イメージをしやすくするための方法としてパースがありますが、もう一つ別の方法として模型があります。 ...

CADで図面を描く
建築建設社会へのIT化は目を見張るものがあり、図面作成もその一つです。 設計図は今やCAD(コンピュ...

図面の見方
住宅を建てるときにはまず、住宅設計図における一般図、すなわち、図平面図や立面図や断面図などを見るもの...

パース図で見る
住宅設計図を考える際、設計図として平面図・立面図・断面図がありますが、それだけではなかなか想像しづら...

詳細図
住宅設計図のデザインやプランを考える時などに使われる100分の1の図面が、最も使われる図面(一般図)...

住宅設計図の種類(断面図)
住宅設計図における断面図というのは建物を縦に切って見る図面です。 この図面はなかなか目にする機会はな...

住宅設計図の種類(立面図)
立面図とは、建築の外観を描いた図面で、住宅設計図においては、東西南北全ての面を描かれます。 平面図と...

住宅設計図の種類(平面図)
住宅設計図における建物の図面というと間取り図などとして親しまれている「平面図」が一般的ですね。 この...

家を平面図で見る
家を平面図で見る 毎日のように入る不動産の広告チラシでは家を間取りで載せています。 子供のころなどは...

家を建てたり、購入を検討する際には、色々な知識が必要です。

不動産屋・ハウスメーカーによる建売り住宅を選ぶのか?分譲マンションを選ぶのか?それとも夢のマイホームとして、一から建築家に頼んでオーダーハウスを建てるのか?色々な検討が必要です。

また、家を建築する際にも、どのような間取りにするのかといった事や、高齢者にも優しいバリアフリーを目指すのかなど、色々設計者と協議する事もあるかと思います。

そんな方々に対して、住宅設計図をデザインする際の、建築の基礎知識や建築にかかるお金や色々な住居の形態などを解説します。