坪単価:住宅設計図をデザインしよう!



坪単価

坪という単位は古くから日本にある単位の尺や寸と同じで6尺×6尺の正方形で約3.3㎡を表します。

畳の大きさが3尺×6尺ですからちょうど畳2枚分の大きさといえばイメージしやすいのではないでしょうか。

いくら和室が無い住宅が増えているといっても日本人にとって畳は非常に馴染み深く、イメージしやすいので 敷地や建物の大きさを表すときに現在でも多く使われています。 この言葉を一番聞くのは見積もり・契約の時でしょう。

坪単価とは1坪当たりの工事費用を差し、100㎡の住宅ですと33坪ですので、 1980万円の工事費用がかかるとすれば坪単価は60万というわけです。固有の大きさにとらわれない上に、この坪単価が1万でも下がると33万も工事費用が下がるわけですから 建築物の価値を判断するためによく使われています。

外装や内装の仕上げや、住宅設備の仕様、だけでなく建物の形などによっても工事費用は変わってきますので 一概にはいえませんが、大体坪50~60万ぐらいで建てられることが多いです。

もちろんハウスメーカーなどでは、その販売実績からぐっと抑えた価格を提供されることも多いですが、 この坪単価だけで判断するのではなく、そのように言われる根拠をしっかりと探りましょう。

なぜ、そのように高くなったり、安くなったり出来るのかということをチェックできるようになると、 トータル的なイニシャルコスト削減を考える際は有益でしょう。もちろん、住宅設計図をデザインする時にも、そういた考えを持っておく事が大事です。

カテゴリー:建築とお金

持ち家計画

>>持ち家計画


坪単価:関連記事

見積もり
見積もりとは、建築するのに実際はいくらかかるのかを出してもらうことですが、勘違いしがちなのは この...

建築家に払う設計料
建築家に払うお金とは言わば、住宅設計図を作図する設計料のことです。 打ち合わせをして図面を描くだけ...

固定資産税
土地を私有し、建築物を建てると税金がかかります。それが固定資産税です。もちろんマンションを所有する...

賃貸住宅のススメ
現在、賃貸住宅に住んでいる人も多いでしょう。 月々の家賃を払って住むところを借りているわけですが、...

不動産オーナー
住宅設計図をデザインする際、金銭的に余裕があるのであれば不動産オーナーになることを考えてみてはどう...

住宅金融公庫
住宅は人生の中でも何度も無い大きな買い物ですが、その資金にはローンを考える人も多いでしょう。 住宅...

家を建てたり、購入を検討する際には、色々な知識が必要です。

不動産屋・ハウスメーカーによる建売り住宅を選ぶのか?分譲マンションを選ぶのか?それとも夢のマイホームとして、一から建築家に頼んでオーダーハウスを建てるのか?色々な検討が必要です。

また、家を建築する際にも、どのような間取りにするのかといった事や、高齢者にも優しいバリアフリーを目指すのかなど、色々設計者と協議する事もあるかと思います。

そんな方々に対して、住宅設計図をデザインする際の、建築の基礎知識や建築にかかるお金や色々な住居の形態などを解説します。