見積もり:住宅設計図をデザインしよう!



見積もり

見積もりとは、建築するのに実際はいくらかかるのかを出してもらうことですが、勘違いしがちなのは この見積もり料は一戸一戸まったく違うものになるのです。

内装や外装の仕様のランクや住宅設備機器の種類やランク、など各戸様々な上、 見積もりを行なう際はどの段階までの計算で出すかということも重要です。

例えば、図面に無いものは当然見積もりに入りませんから、計画初期の100分の1の図面で見積もりするのと、 内装や外装など綿密に打ち合わせの上で見積もりをするのとでは、前者の方が確実に安い金額が出ますが、 追加工事ばかりで実際に建築費は見積もり金額よりもすごく高くなったなんてことになりまねません。

また、住宅工事だけで見積もりを行い、新しい家建設にかかる費用はこれぐらいだとその費用を用意していても、 実際に住むとなったら、照明機器が無い!カーテンが無い!家具が無い!となります。

ある程度完成した住宅設計図を元に、積算という工事に必要な材料や機械や人員などを計算する作業に入るのですが、 この住宅設計図の図面が完成に近いものほど、見積もり金額と完成後実際にかかった金額との差が少ないです。

しかし、建築にいくらかかるかがわからなければ計画が出来ない!と考えがちですが、実はその逆で 「工事にいくら出せるか」ということが基盤となって計画が進められるのです。 その上で見積もりを行い、予算を大幅にオーバーするならば何かを削る対策を練るのです。

この見積もりは、工事の段取りを行なう工務店が出しますが、各会社得意な部分が違い、その部分が反映された 見積もり金額が出ますので、相見積もりといって工務店を決めるために何社か同時に見積もりをお願いすることもあります。 その上で一番安く工事できるところに依頼するのです。

安く工事できるというのは、建築実績が多いので材料を大量に安く仕入れられるであるとか、 スキルの高い大工さんを持っているので、工事に関わる人数が減らせるなど、会社によって様々な対策をとっています。

見積もり金額に納得した上で工事の契約となりますが、当然建築主側からの要望での追加工事はその費用は建築主持ちに、 管理・施工上での追加工事は管理者・施工者の責任において賄うということが法律でも決められています。

カテゴリー:建築とお金

持ち家計画

>>持ち家計画


見積もり:関連記事

坪単価
坪という単位は古くから日本にある単位の尺や寸と同じで6尺×6尺の正方形で約3.3㎡を表します。 畳...

建築家に払う設計料
建築家に払うお金とは言わば、住宅設計図を作図する設計料のことです。 打ち合わせをして図面を描くだけ...

固定資産税
土地を私有し、建築物を建てると税金がかかります。それが固定資産税です。もちろんマンションを所有する...

賃貸住宅のススメ
現在、賃貸住宅に住んでいる人も多いでしょう。 月々の家賃を払って住むところを借りているわけですが、...

不動産オーナー
住宅設計図をデザインする際、金銭的に余裕があるのであれば不動産オーナーになることを考えてみてはどう...

住宅金融公庫
住宅は人生の中でも何度も無い大きな買い物ですが、その資金にはローンを考える人も多いでしょう。 住宅...

家を建てたり、購入を検討する際には、色々な知識が必要です。

不動産屋・ハウスメーカーによる建売り住宅を選ぶのか?分譲マンションを選ぶのか?それとも夢のマイホームとして、一から建築家に頼んでオーダーハウスを建てるのか?色々な検討が必要です。

また、家を建築する際にも、どのような間取りにするのかといった事や、高齢者にも優しいバリアフリーを目指すのかなど、色々設計者と協議する事もあるかと思います。

そんな方々に対して、住宅設計図をデザインする際の、建築の基礎知識や建築にかかるお金や色々な住居の形態などを解説します。