モビリティーハウス:住宅設計図をデザインしよう!



モビリティーハウス

車椅子で生活する人や歩行が困難な人が、安全かつスムーズに日常生活が送れるように配慮された住宅をモビリティーハウスといいます。

自立した生活のためにまずは玄関などへのアクセスが可能であることが条件としてあり、車椅子でも通行可能な充分な通路幅を必要とします。 車椅子での生活は少しの段差でも通行が困難です。そのような障害を無くすために段差の解消をしているという条件を満たしている住宅です。

車椅子を日常的に必要とする人へは、介護用の機器や設備を備え付けるリフォームでは 充分な配慮が行き届かない場合が多いですが、自立を促す効果は充分に発揮できます。

家の中で車椅子を使って生活するとなれば様々な障害が思い当たりますが、ちょっとした工夫で取り除ける障害もあります。 宅内のドアは開き戸も多いですが、車椅子で出入りしようと思えば大変な手間のかかるものです、開口寸法も75cmほどですが それを引き戸にし5cm大きくしておくだけで、たとえ車椅子になったとしても安心です。

車椅子で生活するための配慮としては、キッチンや洗面台など住宅によく使われているタイプでは台の下が収納になっていますが座ったまま使用するとなると 足が入りませんので、膝を入れる空間を設けたほうが良いでしょう。

また、トイレも2m×2mほどの大きさを確保して、入り口を引き戸にしていれば介護の手を無くしても利用することが出来ますが、 現在の家のトイレをこのような大きさに変更するには大変大掛かりなリフォームになりまねません。

「大は小をかねる」という言葉があるように長い目をみて新築する際に通路やトイレの寸法は確保した上で 取り外しの収納スペースなどにしておくと良いかもしれませんね。 モビリティーハウスは何も特殊な住宅ではないのです。

カテゴリー:住宅の種類

持ち家計画

>>持ち家計画


モビリティーハウス:関連記事

アジャスタブルハウス
アジャスタブル【adjustable】とは調節できるさま。加減ができるさま。などを指す言葉です。 ...

ハーフウェイハウス
特別な機能を持った、特定の人のためのケア付き共同住宅をハーフウェイハウスと言います。病院治療を終了...

シルバーハウジング
高齢化に伴い、高齢者に配慮した住宅も様々なものが生まれてきましたが、シルバーハウジングとは 60歳...

タウンハウス(テラスハウス)
道路に面した住宅が隣家と接して建てられる住居方式をタウンハウスまたはテラスハウスと言います。境界壁...

コレクティブハウス
個々のプライバシーを尊重しつつ、居住者の相互援助活動を活かして、円滑な日常生活を営めるように、 キ...

コートハウス
建物や塀で囲まれた中庭(コート)を持った住宅のことを、コートハウスと言います。 敷地が狭くても各部...

プレハブ住宅
阪神大震災のときに活躍したことで多く知られるようになった、組立不要のユニットハウスのように、 トタ...

コーポラティブハウス
住宅を設計する手段は様々な方法がありますが、住宅設計図をデザインするとなると「一戸建て」というイメ...

バリアフリーの家
まだ若いときには普通に生活できていた家も高齢になり、体力が落ちてきた体では生活しづらいと 思うよう...

二世帯住宅
核家族という夫婦のみや夫婦と子のみで生活している人が非常に増えました。 その中でも家の長男には家を...

集合住宅
最近のマンション建設ラッシュは目覚しい勢いです。都心には超高層マンションが何棟も建っています。 住...

建売住宅
住宅を手に入れようと考える場合、1から住宅設計図を設計して頂くのも良いですが、建っている住宅を購入...

住宅公園
家を建てようと考えた時には実物を見てイメージを膨らませるのが一番! このように考え、各ハウスメーカ...

一戸建て住宅
最近ではマンション建設ブームによって分譲マンションも非常に増えてきましたが、 狭い島国に住んでいる私...

都市の家
住宅を考えるということは、どんな生活をしたいかということに直結しています。 高齢になってきたから介護...

家を建てたり、購入を検討する際には、色々な知識が必要です。

不動産屋・ハウスメーカーによる建売り住宅を選ぶのか?分譲マンションを選ぶのか?それとも夢のマイホームとして、一から建築家に頼んでオーダーハウスを建てるのか?色々な検討が必要です。

また、家を建築する際にも、どのような間取りにするのかといった事や、高齢者にも優しいバリアフリーを目指すのかなど、色々設計者と協議する事もあるかと思います。

そんな方々に対して、住宅設計図をデザインする際の、建築の基礎知識や建築にかかるお金や色々な住居の形態などを解説します。